フューチャー・エコロジー 地球環境の未来を考える株式会社フューチャー・エコロジー

最新ニュース お問合せ 個人情報関連 情報セキュリティー基本方針 サイトマップ

環境問題への取り組み
事業内容
フューチャー・エコロジー会社案内

■ 東京都環境局
■ 城南島海浜公園








事業所稼動における生活環境の保全 < 環境問題への取り組み < HOME

環境基本方針 スーパーエコタウン 生活環境の保全 トレーサビリティ
事業所稼動における生活環境の保全     最終更新日 2017年09月07日
フューチャー・エコロジーでは、廃棄物処理法に基づき、東京事業所の稼動に伴う騒音・振動について調査し、環境保全に努めています。

廃棄物処理法に基づく生活環境影響調査結果・・・生活環境保全上の目標と整合性

施設の稼動に伴なう
騒音
対象施設の稼動による施設騒音レベルは、下に示すとおり生活環境保全上の目標値、60デシベル以下を達成できるものと考えます。
生活環境保全上の目標と整合性
生活環境保全上の目標→60デシベル
2017年8月18日測定結果(敷地境界)
→南東側:72〜73デシベル、西側:58〜60デシベル 北西側 : 55〜57デシベル
運搬車両の走行に伴なう
騒音

将来交通量に対する運搬車両の影響は、0.1%と僅かであり、運搬車両の走行による計画地周辺への騒音の影響はほとんどありません。従って道路交通騒音に係る生活環境保全上の目標は達成できるものと考えます。

施設の稼動に伴なう
振動

対象施設の稼動による施設振動レベルは、下に示すとおり生活環境保全上の目標値、昼間65デシベル、夜間60デシベル以下を達成できるものと考えます。
生活環境保全上の目標と整合性
生活環境保全上の目標→昼間:65デシベル、夜間:60デシベル
2017年8月18日測定結果(敷地境界)
→南東側:34〜37デシベル、西側:35〜36デシベル 北西側 : 35〜34デシベル

運搬車両の走行に伴なう
振動
将来交通量に対する運搬車両の影響は、0.1%と僅かであり、運搬車両の走行による計画地周辺への振動の影響はほとんどありません。従って道路交通振動に係る生活環境保全上の目標は達成できるものと考えます。
過去年度分 H26年度 環境測定→PDF
H27年度 環境測定→PDF
H28年度 環境測定→PDF


地球環境の未来を考える 株式会社フューチャー・エコロジー
〒143-0002 東京都大田区城南島3-2-14 Tel:03-3799-7153 Fax:03-3799-0539
電気 電子 情報機器の補修 整備(リユース)・再資源化(リサイクル)・環境関連新規事業の企画 実施 コンサルタント業務

環境問題への取組事業内容会社案内最新ニュースお問合せ個人情報関連情報セキュリティー基本方針

サイトマップトップページ